2.気になること

今日から仕事です・・・

今日から1週間ぶりに仕事が始まりました。

いつものようにマイノートパソコンを使い始めてみたら

外付けHDDが見あたりません。。。。あれ?家に忘れた?

とりあえず昼迄雑務をこなして、昼休みに自宅まで(車で往復25分)

取りに帰ったら、自分の部屋にもありません。。。あれ?最後に使ったの

いつだったっけ・・・と記憶をたどっていくと、先週末、盆休みに入る前に

事務所の大掃除をして、自分の外付けHDDとかソフトとかをまとめて

紙袋につめて車のトランクに仮置きしてたらそのまま忘れてました★

いつもはノートパソコンと一緒に持ち歩いているのですが、

こんなうっかりをたびたび・・・・

よく家族から、「携帯と車の鍵は首に提げとくように!」と言われてます。

私は、よく考え事をしながら考えていることと別の作業をして、

作業が中途半端で、~しっぱなし状態(道具の出しっぱなし、置きっぱなし)

をしてしまいます。

今日からはそんな行動を改善するべく、「~ぱなし状態」に気づいたら

身近な場所の掃除を徹底的に、いつでも、どこでも

と課題を与えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

63回目の「原爆の日」

こんばんは

長崎は今日、63回目の「原爆の日」を迎えました。

原爆投下時刻の11時2分に県下一斉にサイレンが鳴り、

私も手を合わせて「黙祷」しました。

ただひたすら祈りました。

亡くなられた方への冥福と、これから先の平和について。

長崎では、8月9日は夏休みの登校日になっています。

ちなみに私はこの登校日がいやでした。

それは、小中学校では(高校もだったかな?)必ず

この登校日(8月9日)は原爆に関する映画が体育館で

上映され、それを見て感想文を書かなくてはいけなかったからです。

感想文を書くのも、夏休みに登校するのもいやだとは思いませんでしたが、

この上映会が大嫌いでした。

なぜなら・・・とても映像が生々しく(体育館の窓は全て黒いカーテンで覆ってしまい

真っ暗だった)、感受性が強かったからか、見た後ものすごく

映像と内容のグロさをひきづっていたからです。

飛行機の音がするだけで、あの飛行機には爆弾が積んであるんじゃないか

とか、今爆弾落とされたらどうなるんだろうとか・・・(死に対する恐怖)。

極めつけは、お昼のサイレン。私が住んでいる地区は12時に時報のサイレンが

鳴っていたんですが、それが空襲警報の音とすごく似ていたんです。

飛行機の音、サイレンの音→上映会で見た生々しい映像がフラッシュバック→

戦争についての不安(また戦争が始まるんじゃないか、またたくさんの人が死ぬの?)

こんな感じです。当時は8月9日以降はしばらく、飛行機の音、サイレンの音にとても

敏感になっていました。今はそれほど不安になることも無くなりましたが。

長崎の人にとって「原爆の日」はとても重要な日です。教育についても、小さい頃から

戦争や原爆に対する教育に触れる機会はとても多いと思います。

社会科見学で原爆資料館を訪れたり、実際に原爆の被害にあった語り部の人たち

から生で当時の体験を聞いたり・・・。その度に、戦争が残した爪痕と、原爆がもたらす

悲惨な状況を目の当たりにすると、平和であることの重要性を強く感じます。

大好きな人や、家族や、友達がいつまでも笑顔で過ごせるように、

いつまでも平和でありますように・・・。

私に出来ることは平和に向けてのメッセージぐらいですが、

それでもやはり一人でも多くの人に平和について考えていただけたらと思います。

みち

| | コメント (4) | トラックバック (0)